Posts categorized "文化・芸術"

July 05, 2005

博多山笠

昨日九州の実家から帰ってきました。夜は福岡市内に住む兄嫁を誘って両親と共に4人で夕飯を食べました。
父親が会合の時に見つけた!というちょっと変わったお店、ということで行ってみると、赤坂の近くの恋のしずくでした。恋のしずく自体は大阪にもあるので、何度か行ったことがありました。
お店の中に入るとすぐに滝が作ってあったりと、かなりこった作りになってました。こりすぎてトイレに行くだけで迷子になりそうになりましたが。
お店の中では80年代の音楽が流れていて、私も兄嫁もなつかしー!って言ってたんだけどその後だんだんと時代がさかのぼっていきました。お店の名前と同じ「恋のしずく」だとか題名のわからない音楽がどんどん流れていって今度は母親の時代へ。母親が「この選曲いいわあ」なんて言ってました。

ほんとは兄と合流するはずだったけど、兄は仕事で遅くなり合流できず。そのまま私は送られて博多駅へ。
博多駅に行く途中にも山笠の飾り山がチラホラと見えました。ああ、博多の夏が来たんだなあって思いました。
昔兄が言ってましたが、「山笠があるから」といって早退する社員もいるとか?私の大学の「早慶戦見に行くから」と授業を休んでもよし!っていうのに似てるな(^^;)
博多駅前においてあった飾り山はテーマは「義経」でした。今年は義経ブームですな。きれいな飾りだったよ。博多人形で作られているんですよね。お金のかかり方がちがうよなあ・・・
しかも、ここの飾り山では義経のお話が自動アナウンスで流れていました。
今年のほかの飾り山はどんな飾りがつくってあったのかしら??ゆっくりと飾り山を見て回りたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 10, 2005

大阪城の桜

昨日、東京から友人が来ていたため、大阪の桜の名所、大阪城に行ってきました。
ほんとに桜が集まってきれいなのは西ノ丸公園だと思うのですが、今回は天守閣のふもとのところから西ノ丸公園を見下ろせる場所で、女三人ででしたが、ビールとおつまみを買い込んで花見をしていました。のんびりと三人でお話しながら桜を見て、幸せな時間でした。
それにしても、ほんとに人が多かった。桜の数以上に人がいたのではないでしょうか。西ノ丸公園に入る入口では行列ができていました。
でも、このきれいな桜も今日の雨で散ってしまうんでしょうか・・・残念だなあ・・・。今年は桜の開花が遅れ気味、と言われていたのに、咲き始めたら一気に満開にまでなってしまって、ゆっくり春の楽しみを味わうことができなかったですね。

DVC00069

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2005

キャラメルボックス『Truth』

先日、大阪メルパルクホールで行われていた劇団キャラメルボックスによる『TRUTH』を見に行ってまいりました。
2年ぶりくらいにお芝居を見に行きました。
幕末の上田藩江戸藩邸を舞台にした、(めずらしく?)有名人が出てこないストーリーでしたが、ラブの部分もありつつも、男の友情とコンプレックスの想いがひしひしと伝わってくるお芝居でした。
あんまりラブラブしていない、こういうお話は好きだなあ・・・というか、私が見ているキャラメルのお芝居は結構そういうものばかりかも(また逢おうと竜馬は言った、などなど)
でも、笑いあり、涙あり、怒りありとなんともめまぐるしく変わる舞台に頭を追いつかせるのに必死でした。(というのも半分うそですが・・・)
今回はテレビでも活躍している上川隆也さんも出ていらっしゃいました。しばらく舞台からは離れていたようにも思いますが、やはり古巣は違うのか、大阪だから、そして千秋楽だったからかわかりませんが、ノリは変わらず、と言った感じでした。
やっぱ役者さんの息を感じながら見る舞台って素敵ですね。思わず感情移入して涙しそうになっていました。

キャラメルボックスに出会ったのは高校2年生の時で、それから数えると10年!!ほんとですかい!!
ちなみにキャラメルボックスは20周年を迎えたそうです。おめでとうございます。
割れんばかりのカーテンコールの拍手はかなり長い時間続きました。(是が非でも上川隆也さんにしゃべらせようとする策略が感じられましたが・・・)まあ、その辺りは劇団も承知の上だろうな。

まだ神戸でも公演があるようですが、チケットはソールドアウト!
次はいつ見にいけるのかな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2004

気持ちよく生きるために

昨日は火曜日恒例の日本メンタルヘルス協会の初級コースの講習の日でした。
毎回衛藤先生が「聞くなら前から2列目までだね」とおっしゃっていたので今回は最前列に張り付いてみました。
確かに前に座るほうがよりダイレクトに先生の表情がわかり、思いが伝わってきました。やっぱり「ライブ」に限りますね。
昨日は「大脳生理学」がテーマで人間の脳の仕組みについて学びました。一見難しそうに思えたのですが、衛藤先生のお話はわかりやすく、脳って本当によくできているんですね、と思うばかりでした。

人間の脳というのは生まれたときにはまっさらの白紙の状態でその後の環境によってソフトがインプットされていくということです。育った環境が重要だとはよく言いますが、こういうことに由来するのだと初めて知りました。
脳の構造はというと一番中心にあるのが脳幹で、そこは生命をつかさどる脳です。その外側が大脳辺縁系という動物的、本能的な部分をつかさどる脳です。そして一番外側にあるのが人間固有の脳である、理性をつかさどる大脳新皮質です。
この脳が持っている機能というか性質で初めて知ったのは大脳辺縁系がもつ三大本能が食欲、性欲、集団欲であるということです。食欲、性欲というのはすぐに浮かんだのですが、集団欲というのが本能だとは知りませんでした。これは理性が求めるものではないんだそうです。
そしてこの集団欲がベースにあって食欲、性欲というものがあるのだそうです。
この集団欲が満たされないと、というとここにストレスがかかってくると人間は怒りを覚え、攻撃的になるそうです。
この大脳辺縁系って動物にもあるものですが、ハムスターとかがかまわなければ寂しがって死んでしまう、という話しに納得できましたね。
そしてその攻撃的な部分が内に向かってしまうと自律神経失調症という体の異常が現れるのだそうです。
だから常にこの大脳辺縁系の本能は開放してあげなければならないのだそうです。
そのために、祭りがあるのだそうです。祭りはある意味公の場で騒げる唯一の機会といっていいでしょう。祭りがあることによって人々はストレスを発散し、より気持ちよく働けるのだそうです。
これは以前にうちの社長も会議のときにちらっと言っていたけれど、再度こう聞くとなるほどな、と思いますね。

こうやって脳のことを学ぶと、最近私の周辺で起きていた出来事がすべてその脳の仕組みによって解決できました。脳って本当にうまいことできているよな。と思うばかりです。

私は心理学を学ぶことによって自分や自分の周りの人が心地よく過ごすことができればいいと思っています。衛藤先生は「これからは心理学の時代だ」とおっしゃいます。そのためにいろんな人に心理学に触れてもらえるように体験コースを設けていらっしゃいます。有料ですが、その聞いていた2時間30分が終わった後涙が出てくらい染み渡るお話です。
東京なんかはすごく人気でキャンセル待ちだそうですが、大阪や名古屋、福岡であれば幾分余裕があるそうです。
興味がある方は一度聞いてみられるとよいのではないでしょうか?

日本メンタルヘルス協会
http://www.mental.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2004

銀河旋律

ふとライブドアのブログページに行ったら懐かしい文字を発見したので思わず見に行ってしまいました。
銀河旋律はキャラメルボックスという私が好きな劇団の芝居のタイトルです。

Continue reading "銀河旋律"

| | Comments (0) | TrackBack (0)