« 常識の壁をこえて | Main | うしまろ »

June 30, 2005

リッツ・カールトン

リッツ・カールトンホテルと言えば、日本のみならず、世界でも有数のホテルです。
それがなぜ大阪にだけあるのだろう??でも近くにあるため少しでも利用する環境にあるのはうれしいものです。
この会社の社員は全員「クレド」というリッツ・カールトンの理念が書かれたカードを持っています。
私たちの会社でも昨年末会社の理念や創業からの歴史、これから目指す姿を記した「クレド」を作成しました。上司はクレドというのがいやで、「ビジョン」と名づけていました。
そのホテルで支配人をされていた方が書かれた本です。リッツ・カールトンが素敵なホテルであるために行っていることはホテル業界の人に限らず、どんな会社で働いている人でも学ぶべき姿勢があると思います。

|

« 常識の壁をこえて | Main | うしまろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40141/7236817

Listed below are links to weblogs that reference リッツ・カールトン:

» リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと [ビジネス書はまだ買うな!【ビジネスリーディングマラソン】読む人にしかわからない成功の素         とりあえず100冊読んでみよう]
リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと林田 正光あさ出版2004-12売り上げランキング 7,813Amazonで詳しく見るby G-Tools おすすめ度  なぜこの本を読んだかといいますと、リッツ・カールトンには『クレド』と呼ばれる経営哲学を学びたかったからです。 もともと神田昌典氏の「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 」に『クレド』が紹介されていて興味を持ちました。 クレドというのは信条や哲学とも訳されますが、その価値観のもと、自分... [Read More]

Tracked on July 04, 2005 at 12:44 AM

» Manifesto(マニフェスト) [LIVE!売上2億円の会社を10億円にする**]
自民党・民主党 両党のマニフェスト(政権公約)をホームページからダウンロードして [Read More]

Tracked on September 06, 2005 at 04:07 PM

« 常識の壁をこえて | Main | うしまろ »