« ひさびさのマニキュア | Main | 本田健さんの講演会 »

May 06, 2005

お金の現実

GW読書ウィークなめだまですが、昨日読んでいた本は岡本吏郎氏の「お金の現実」
お金のプロの方なのでかなり現実的なお話も多かったですが、それがそのままタイトルになったという感じですね。
確かに当たり前の話なのですが、会社に、懐にお金を残そうと思ったら「入ってきた以下のお金しか使わない」ということなのです。これは今日??の神田昌典さんの語録にも同じことがかいてありました。
カード払いや分割払いに毒されてきている昨今では当たり前のことなのですが、なかなか受け入れがたいものかもしれません。
昨年参加したファイナンシャルプランナーの方のセミナーでも、「車は現金で買いなさい!ローンで買うから身の丈以上の買い物をしてしまうのよ!」と細木数子ばりにおっしゃってました。

そして、ちょっとどきっとしたのが、「お金は突然効力をなくすこともある」ということです。というのは、急激なインフレなどが起きた場合、今手元に持っているお金だって1秒後には1000分の1、100,000分の1という価値しか持たなくなることだってあるということです。そう考えると、お金って一体何者なんでしょうか。これに踊らされている私たちはなんなのでしょうか?

お金は夢ではなく、現実である。夢を見るのではなく現実のものとして、現実的な使い方をしましょう。
うーん。最近ちょっとお金のことで悩み気味な私にはイイお薬でした。

|

« ひさびさのマニキュア | Main | 本田健さんの講演会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40141/7236801

Listed below are links to weblogs that reference お金の現実:

« ひさびさのマニキュア | Main | 本田健さんの講演会 »