« 帰宅命令! | Main | かんさいだき 常夜燈 »

October 20, 2004

気持ちよく生きるために

昨日は火曜日恒例の日本メンタルヘルス協会の初級コースの講習の日でした。
毎回衛藤先生が「聞くなら前から2列目までだね」とおっしゃっていたので今回は最前列に張り付いてみました。
確かに前に座るほうがよりダイレクトに先生の表情がわかり、思いが伝わってきました。やっぱり「ライブ」に限りますね。
昨日は「大脳生理学」がテーマで人間の脳の仕組みについて学びました。一見難しそうに思えたのですが、衛藤先生のお話はわかりやすく、脳って本当によくできているんですね、と思うばかりでした。

人間の脳というのは生まれたときにはまっさらの白紙の状態でその後の環境によってソフトがインプットされていくということです。育った環境が重要だとはよく言いますが、こういうことに由来するのだと初めて知りました。
脳の構造はというと一番中心にあるのが脳幹で、そこは生命をつかさどる脳です。その外側が大脳辺縁系という動物的、本能的な部分をつかさどる脳です。そして一番外側にあるのが人間固有の脳である、理性をつかさどる大脳新皮質です。
この脳が持っている機能というか性質で初めて知ったのは大脳辺縁系がもつ三大本能が食欲、性欲、集団欲であるということです。食欲、性欲というのはすぐに浮かんだのですが、集団欲というのが本能だとは知りませんでした。これは理性が求めるものではないんだそうです。
そしてこの集団欲がベースにあって食欲、性欲というものがあるのだそうです。
この集団欲が満たされないと、というとここにストレスがかかってくると人間は怒りを覚え、攻撃的になるそうです。
この大脳辺縁系って動物にもあるものですが、ハムスターとかがかまわなければ寂しがって死んでしまう、という話しに納得できましたね。
そしてその攻撃的な部分が内に向かってしまうと自律神経失調症という体の異常が現れるのだそうです。
だから常にこの大脳辺縁系の本能は開放してあげなければならないのだそうです。
そのために、祭りがあるのだそうです。祭りはある意味公の場で騒げる唯一の機会といっていいでしょう。祭りがあることによって人々はストレスを発散し、より気持ちよく働けるのだそうです。
これは以前にうちの社長も会議のときにちらっと言っていたけれど、再度こう聞くとなるほどな、と思いますね。

こうやって脳のことを学ぶと、最近私の周辺で起きていた出来事がすべてその脳の仕組みによって解決できました。脳って本当にうまいことできているよな。と思うばかりです。

私は心理学を学ぶことによって自分や自分の周りの人が心地よく過ごすことができればいいと思っています。衛藤先生は「これからは心理学の時代だ」とおっしゃいます。そのためにいろんな人に心理学に触れてもらえるように体験コースを設けていらっしゃいます。有料ですが、その聞いていた2時間30分が終わった後涙が出てくらい染み渡るお話です。
東京なんかはすごく人気でキャンセル待ちだそうですが、大阪や名古屋、福岡であれば幾分余裕があるそうです。
興味がある方は一度聞いてみられるとよいのではないでしょうか?

日本メンタルヘルス協会
http://www.mental.co.jp/

|

« 帰宅命令! | Main | かんさいだき 常夜燈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40141/7237060

Listed below are links to weblogs that reference 気持ちよく生きるために:

« 帰宅命令! | Main | かんさいだき 常夜燈 »